[中本造林徳島株式会社] 中本造林徳島株式会社は中本造林株式会社の関連会社であり、四国に営業所があります

中本造林徳島は中本造林と同様、焼杉板をはじめとして、国産杉の内外装材の製造・販売をしております。最近では杉フローリングの製造もはじめ、国産杉製造拠点として重要な位置づけとなっています。

中本林業

中本造林徳島株式会社
徳島県阿波市にあります。製材工場、焼杉生産工場があります。乾燥土場もあり、杉の丸太から製品にいたるまで一貫生産を行なっています。

原木の仕入れ

原木の仕入れ
四国の豊富な山林資源を背景に良質の国産杉を仕入れています。地元の杉材を有効利用する事で地域貢献を目指しています。

乾燥工程(天然乾燥)

乾燥工程(天然乾燥)
杉板の天然乾燥風景です。中本造林と同様、中本造林徳島でもしっかりじっくりと乾燥させる事を重視しています。

乾燥工程(天然乾燥)

乾燥工程(天然乾燥)
桟積みの乾燥もします。杉フローリングの原材料は、人工乾燥で仕上げる前に3ヶ月以上天然乾燥しています。

人口乾燥機

人口乾燥機
友田工場と同じ乾燥機が2機稼動しています。一定の品質を保つために、乾燥の精度にもこだわっています。

加工工場

加工工場
杉フローリングの加工をしています。30o厚の国産杉フローリングは、エンドマッチ加工もあり人気商品です。

工場長からご挨拶

南に四国山地、北には阿讃山脈、その間に四国三郎(吉野川)が悠々と流れています。その阿讃山脈のふもと阿波市土成町に、中本造林徳島株式会社があります。業務内容は、四国四県より集めた国産の杉材を製材、乾燥、加工を行い、主製品である焼杉をはじめ、杉フローリング、羽目板などを生産しています。内地材状況に置かれましては、戦後植林された木が伐期となり、国産材の有効利用が必要不可欠となってきました。循環型社会に貢献し、良い商品を安定価格にて安定供給することにより顧客満足度を高めていくことが、使命だと思い日々商品管理に努力しています。
さて、皆さん、徳島県といえば何を想像されますか?名所では秘境である祖谷のかずら橋、大歩危小歩危、鳴門の渦潮など、食においては、徳島ラーメン。イベントにおいては、踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん。とまくしたてて全国より百万人以上集まる阿波踊りが有名です。徳島へお越しの際には、自然素材100%の工場、中本造林徳島株式会社まで足を運んでみてください。きっと木が癒してくれる事と思います。

中本造林徳島株式会社 糸谷吉行

中本造林徳島の歴史

昭和60年4月 株式会社徳島住建設立(現 中本造林徳島株式会社)
昭和60年8月 焼杉工場建設・稼動
昭和61年7月 製材工場建設・稼動
平成3年4月 巾接工場(加工工場)建設・稼動
平成7年2月 物流倉庫建設
平成9年6月 株式会社徳島住建より、中本林業株式会社に社名変更
平成17年1月 人口乾燥機導入(2機)
平成19年4月 フローリング工場建設・稼動
平成20年3月 新塗装ライン導入

会社所在地

商号 中本造林徳島株式会社
所在地 〒771-1506 徳島県阿波市土成町土成字美緑43 MAP
TEL 088-695-3737
FAX 088-695-3738

このページのトップへもどる