焼杉の経年変化について

焼杉は経年変化します。変化の度合いは、直射日光(紫外線)、雨水(酸性雨など)、寒暖環境、風などの

地域的環境条件や、立地条件によって大きく変わります。したがって一言で”色調の変化は何年”ということは

できませんが、適切なメンテナンス(上塗り)を行えば、自然環境による風化を遅らせ、商品の風合いを保つこと

ができます。 

また、木材には灰汁があり、雨水などが浸透した際に雨水と一緒に木材より出てくることがあります。

出てきた灰汁は、新たな雨水などで洗われていきますが、繰り返し灰汁が出ることがあります。

焼杉の経年変化と灰汁に起因する汚染の画像はコチラ ⇒ 焼杉経年変化.pdf