各工場の役割

栗栖工場

製材から塗装まで焼杉板の外装材を製造。焼杉板では国内トップシェアを占めています。国産杉の丸太を有効活用することで、日本の風土に合った品質の製品を作っています。

友田工場

広い乾燥土場があり、工場内の風通しの良い場所に杉を交互に立て掛けて乾燥をしています。主力の杉や桧の床材、羽目板を製造。材に木のコマを入れて補修する埋木作業も行っています。

中本造林徳島

焼杉板や羽目板など、国産杉の内外装材を製造。乾燥土場もあり、杉の丸太から製品にいたるまで一貫生産を行なっています。杉フローリングの製造をはじめ、主力商品の製造拠点として重要な役割を果たしています。

CONTACT

お問い合わせ